« 栗田智仁のおいしい桃の見わけ方 | トップページ | 栗田智仁の桃健康知識など »

2011年4月 6日 (水)

栗田智仁の桃あれこれ

栗田智仁の桃解説

栗田智仁が桃の解説をします

桃はビタミンCはそれほど含んでいませんが、食物繊維やカリウムは多く含んでいます。
利尿作用がありますので血圧の上昇を防いだり、整腸作用があり便秘に有効です。
薬効としては、種子や葉も利用されます。
桃の葉は緩和作用があると言われ、桃のお茶はツワリの症状を和らげると言われています。
桃の種子には血の巡りを良くする働きがあるとされ、生理痛に効き目があるとされています。
トウガンの種子と桃の花のツボミを乾燥させた物を潰して混ぜるとしみ・そばかす・にきび・肌荒れ等に効果があるとされています。

桃の果肉

ビタミンCには肌を綺麗にしたり老化防止の働きがある。
更に、桃のジューシーな果肉は不足した体液を補い、皮膚に潤いを与えてくれるので肌を若返らせることが出来ます。

また、カリウムには血圧を下げる作用があり、高血圧の予防・がん予防・更に便秘の改善などに効果的。
便秘と言えば、食物繊維のペクチンも多く含まれているため、便秘で困っている方は桃の実を食べると良いでしょう。

桃の花
桃の花は、「白桃花」と呼ばれる生薬で、利尿に働く成分が含まれているため、利尿剤や、むくみの解消、下剤として用いられる。

桃仁同様、白桃花も効果が強いので、利用する時には漢方の専門家の方に相談して下さい。

桃には無駄な部分はない。
桃は丸ごと女性を綺麗にしてくれる効果があります。

■桃の葉
桃の葉には、タンニンやマグネシウム・カリウムなどが含まれ、薬理作用がある。
日本では、古くから「桃湯」が親しまれており、江戸時代から夏の土用には桃湯に入る習慣があったとも言われている。

葉には収斂(しゅうれん)作用があって、乾燥させた物をお風呂に入れると汗疹(あせも)や湿疹に効果的。
従って、一番暑い夏の時期に汗疹や湿疹に効能のある桃湯に入ることは理にかなった事といえます。
身近で桃の葉が手に入るのであれば生の葉を乾燥させて、お風呂に水から浸すように入れれば桃湯となり、又は数十枚の葉を煎じてお風呂の湯に入れるのもよいでしょう。

最近では、桃の葉の効能が見直され、桃の葉エキスが入った化粧水や入浴剤も売られています。

■桃の種
普段食べた時に捨てる種を割って見ると、中に数個の種が出てくる。
これは「桃仁」と呼ばれるもので、脂肪油、アミグダリンなどを含んでおり、婦人病の漢方薬として重要でポピュラーなものです。
血液の循環をよくする作用があり、生理不順や生理痛、更年期障害、便秘、肩こり、頭痛の他、高血圧や脳梗塞の予防にも効果を発揮します。
但し、効果が強いので、利用する時には漢方の専門家の方に相談して下さい。

■簡単な桃の見分け方
左右対称で形が良く、押し傷のないものが良いです。

« 栗田智仁のおいしい桃の見わけ方 | トップページ | 栗田智仁の桃健康知識など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350223/39510098

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田智仁の桃あれこれ:

» そのシミ あきらめないで!!! [シミ対策]
顔のシミは消すことができないとあきらめていませんか? できてしまったシミは簡単には、キレイに消す方法はありません。 しかし、根気よく毎日のお手入れで、少しずつシミを薄くすることは可能です。 シミ改善に効果的なケアでシミのない美肌になりましょう。 [続きを読む]

« 栗田智仁のおいしい桃の見わけ方 | トップページ | 栗田智仁の桃健康知識など »