« 栗田智仁のももあれこれ | トップページ | 栗田智仁のわかって食べると、もっとおいしい!「桃」の豆知識 »

2011年3月30日 (水)

栗田智仁の桃の種類

栗田智仁の桃解説

栗田智仁が桃の解説をします

桃の来歴については、中国西北部黄河上流地帯(陝西省、甘粛省)の高原地帯で原生していたものが、BC400~250年に薬用、食用、花卉として栽培され、AD1世紀ごろペルシャを経由し欧州に広まった。
日本には弥生時代に伝来したといわれています。

桃の種類
桃の種類については、早生種、中生種、晩生種と大別される。
その中でも生産量が多い白鳳は中生種の代表といえます。
出荷時期は5~9月で、ハウス物は5月中旬から、路地物は6月中旬から9月まで出荷されます。
金沢市近郊(崎浦、富樫、浅川地区)については7月上旬より出荷されます。
金沢市場については山梨、和歌山、長野、福島、愛知、岡山県より入荷があります。

品種
現在よく目にする品種は、明治初期に中国から導入された水蜜桃をもとに育てられた白桃種の系統を引くものが殆ど。
また果皮にうぶ毛のないネクタリンや、欧州で人気の黄桃も桃の仲間。
桃の主成分は果糖ですが、ビタミンEの含有が多く、黄桃にはカロチンが含まれています。

たくさんの品種は、大きく「白鳳(はくほう)系」と「白桃(はくとう)系」に分けることが出来ます。

シーズンの前半は白鳳系、後半は白桃系がメインとなります。
また、白鳳系は甘みが強く肉質がやわらかめであり、白桃系は名前の通り果肉の色が白く、肉質が締まっており日持ちが良いという傾向があります。

-----<白鳳系>-----

○日川白鳳
モモシーズンの最初のほうを飾る、早生系の代表品種。サイズはやや小型。
山梨市の田草川利幸氏が発見した白鳳の枝変わり品種で、1981年に品種登録されました。
酸味が少なく多汁。日持ちも良く、生産量も安定しています。

○八幡白鳳
早生種。山梨市の前田茂吉氏が発見した白鳳の枝変わり品種で、1977年に命名されました。
果汁が多く、早生特有の上品な味わいが楽しめます。

○白鳳
数ある白鳳系のルーツ。
神奈川県農業試験場で「白桃」に「橘早生」を交配した実生から選抜された品種。1932年に命名されました。 酸味が少なく、多汁で、日持ちも良い優秀な品種です。
近年はハウス栽培も盛んですから5月には姿を見せ始めますが、本来は中生種であり、白鳳の露地物が収穫されるようになると桃シーズン本番となります。 白鳳系には他にも「みさか白鳳」「山梨白鳳」など多数の品種があります。

-----<白桃系>-----

○加納岩白桃
白桃系の中にあって早生種。7月中旬に出回ります。
浅間白桃の枝変わりとして登場し、果肉は白色。
果汁が多く、 酸味が少なく、早生種特有の上品な甘みがあります。

○浅間白桃
中生種で大型。1974年、山梨県で高陽白桃の異変した樹より育成された品種。
色は白桃の中では濃いほうです。

○一宮白桃
一宮町の農家が育成した大玉の品種。
糖度は高く、肉質は滑らか。食味の評価の非常に高い品種です。

○川中島白桃
晩生種の代表的存在で、果肉は白色で硬め、日持ちも良い優良品種。1個300g以上の大玉に実るのが特徴です。長野市川中島町の池田正元氏が、自己の桃園で発見した偶発実生で、1977年命名されました。 白桃系にはその他にも山根白桃、清水白桃などたくさんの品種があります。

-----<その他>-----

○あかつき
中生種。
神奈川県平塚市の農林省園芸試験場で白桃と白鳳を交配して育成した品種。1979年に発表されました。
果肉は緻密で果汁が多く、酸味が少なく非常に甘みの強い品種で、日持ちも白鳳より優れており、人気の高い品種です。

○ゆうぞら
農林水産省果樹試験場で白桃とあかつきを交配させ、選抜育成した品種で、1983年に種苗法登録しました。
晩生種で、乳白色の果肉。肉質は緻密で果汁が多く、糖度が高く日持ちが良い、さらには栽培もやりやすいということで非常に高い評価を得ています。

○黄金桃
川中島白桃の偶発実生のなかから、選抜育成した黄肉系の品種。8月後半より姿を見せ始めます。表面の黄金色が印象的で美しく、高い糖度と程良い酸味のバランスが優秀な品種です。

○大久保
昭和30年代には桃の全生産量の半分近くを占め、一世を風靡した品種。缶詰用としても大量に利用されました。白鳳系、白桃系が登場するに従い徐々に生産量が減り、今では生食用としてはあまり出回らなくなっています。

以上、紹介した他にも品種はたくさんありますし、今後も新品種が続々と登場することでしょう。

« 栗田智仁のももあれこれ | トップページ | 栗田智仁のわかって食べると、もっとおいしい!「桃」の豆知識 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350223/39425535

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田智仁の桃の種類:

« 栗田智仁のももあれこれ | トップページ | 栗田智仁のわかって食べると、もっとおいしい!「桃」の豆知識 »