« 栗田智仁と桃の節句 | トップページ | 栗田智仁の桃と桃太郎 »

2011年3月 4日 (金)

栗田智仁と桃の花

はい!栗田智仁です。

桃の花が咲く季節がやってまいりました。

だんだん暖かい日も増えてきましたから、春が来る日も近いですかね?

桃を食べるのは美味しくていいですよね。栗田智仁もどちらかというと、食べる楽しみ方のほうが多いですけど。

でも、桃は、食べるだけじゃもったいない!

たまには、桃の花を見に行ってはいかがでしょう。

「桃の花」は春の季語。桃が咲き始める時期は七十二候において、中国では桃始華、日本は桃始笑と呼ばれ、それぞれ啓蟄(驚蟄)の初候、次候にあたる。

淡い紅色であるものが多いが、白色から濃紅色まで様々な色のものがある。五弁または多重弁で、多くの雄しべを持つ。花柄は非常に短く、枝に直接着生しているように見える。観賞用の品種(花桃)は源平桃(げんぺいもも)・枝垂れ桃(しだれもも)など。庭木として、あるいは華道で切り花として用いられる。

桃の名所

現在、桃は花を楽しむよりも果樹として育てていることが多いので、桜のように名所が多くあるわけではありません。そのため、桃の花を楽しむならば桃の生産量の多い地域がおすすめです。
和歌山県の紀の川市(きのかわし)では、200ヘクタールほどの桃畑が紀ノ川(きのかわ)沿いに広がっており、3月下旬から4月上旬に見ごろを迎えます。
また、桃の生産が全国一の山梨県では、県内でも笛吹市(ふえふきし)が名所として有名です。例年の見ごろは4月上旬から中旬にかけてです。
そして昔話の「ももたろう」で知られる岡山県は国内有数の生産量を誇ります。主な栽培地は岡山市の一宮(いちのみや)、富吉(とみよし)地区で、ここではドライブがてらに果樹園の中で咲き誇る桃の花を見ることができます。例年の見ごろは4月中旬から下旬にかけてです。
さらに4月下旬になると、東北の桃の名所、福島市で見ごろを迎えます。福島市の郊外にはおよそ15キロに渡って桃畑が広がる、通称、フルーツラインがあります。ここでは5月上旬にかけて濃いピンクの桃の花のほかにも白いリンゴの花を見ることができます。
休日に少し

栗田智仁も足をのばして、桃の花を見にでかけてみようと思います。

« 栗田智仁と桃の節句 | トップページ | 栗田智仁の桃と桃太郎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350223/39101549

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田智仁と桃の花:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/03/05 08:41) [ケノーベル エージェント]
福島市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 栗田智仁と桃の節句 | トップページ | 栗田智仁の桃と桃太郎 »