« 栗田智仁の桃源郷の由来 | トップページ | 栗田智仁の桃の歴史 »

2011年3月22日 (火)

栗田智仁の桃の雑学

栗田智仁の桃の雑学

桃太郎は桃からではなく桃を食べて若返ったおじいさんとおばあさんの間に生まれた

明治時代初期までは桃を食べて若返ったお爺さんとお婆さんの間に桃太郎が出来たという回春型の話の方が主流であった。
この他にも『赤い箱と白い箱が流れて来て、赤い箱を拾ったら赤ん坊が入っていた』、『川上から二つの桃が流れて来たのでお婆さんが「緑の桃はあっちゃいけ、赤い桃はこっちゃ来い」と言うと赤い桃が寄って来た』等、物語に差異のあるものが多数伝わっているが、巖谷小波により1894年に『日本昔話』としてまとめられたものがその後の語り伝えに大きく影響した。
明治20年に国定教科書に採用される際にほぼ現在の形のものを掲載して以降、これが定着した。
因みに舞台の一つとされる岡山県で桃の栽培が始まったのも明治時代以降である。

« 栗田智仁の桃源郷の由来 | トップページ | 栗田智仁の桃の歴史 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350223/39328656

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田智仁の桃の雑学:

« 栗田智仁の桃源郷の由来 | トップページ | 栗田智仁の桃の歴史 »