« 栗田智仁の桃パワー | トップページ | 栗田智仁と桃の花 »

2011年3月 2日 (水)

栗田智仁と桃の節句

こんにちは。栗田智仁です。

明日は、桃の節句です。

女の子がいる家庭には、華やかに雛人形が飾ってあることでしょう。

皆さんは、桃の節句ことどれだけ知っていますか?

栗田智仁は、男なので・・・という言い訳をしないために、今日は、桃の節句の歴史を

調べてみました。

桃の節句の歴史

桃の節句は、3月3日のひな祭りのことを言います。桃の節句の歴史は古く、日本においては平安時代にまで遡ります。

桃の節句の由来は、平安時代の貴族が薬草を摘み、その薬草で体の穢れをお祓いして健康と厄除を願う「上巳の節句」が始まりとされています。

上巳の節句は、古来中国三国時代の魏によって3月3日に行われるようになったと言われていますから、元をたどれば、平安時代よりもさらに古いということがわかります。

古代中国で行われていた上巳の節句には、河で禊ぎを行い身を清めた後で宴会を行うという習慣がありました。日本で平安時代で取り入れられたあと、ひな祭りの起源となっている「流し雛」が行われるように発展していきました。

流し雛とは、自分に降りかかる災厄を身代りに引き受けさせ、川に流して不浄を祓うというもので、現在でも残っている地域もあります。

室町時代になると上巳の節句は3月3日に定着し、紙の雛人形ではなく、豪華なお雛さまを飾って宮中でお祝いが行われるようになりました。時代は進み、江戸時代になると女の子の人形遊びである「ひいな遊び」と節句の儀式が結びつき、「ひな祭り」として全国に広まっていきました。

3月3日にひな祭りを行うのは、ちょうど桃の花が咲くころで、桃には魔除けの力があるとも考えられていたことから、節句を祝うのにふさわしいものとして、「桃の節句」と呼ばれるようになりました。

桃の節句に雛人形を飾ることは、生まれた子どもが健康で優しい女性に無事に育つようにという願いを込め、子どもに災いが降りかからないようにという願いを込め、今に伝えられています。

女の子が産まれてから初めての桃の節句に雛人形を飾り、家族の皆で健やかな成長と災厄よけを願ってお祝いをすることが「初節句」です。最近では初節句を行わない家庭も多いと聞きますが、大切な赤ちゃんの一生を守ってくれる大切な儀式ですから、しっかりと行ってください。

« 栗田智仁の桃パワー | トップページ | 栗田智仁と桃の花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1350223/39074122

この記事へのトラックバック一覧です: 栗田智仁と桃の節句:

« 栗田智仁の桃パワー | トップページ | 栗田智仁と桃の花 »